Amazon本日限定タイムセール!!

【観る順番】「アベンジャーズ」完全攻略ガイド!ネタバレ・伏線紹介

『アベンジャーズ/エンドゲーム』の公開が近づいてきましたね!世界中が待ち望む作品ということで、予告編のYouTubeの再生回数がやばいことになっています。

これまで存在が示唆されてきたサノスがついに登場。ヒーローたちはサノスがインフィニティ・ストーンをそろえることを阻止できず、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の人工の半分が消し去られてしまいました。

圧倒的な絶望で幕を閉じた前作『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』から1年。ヒーローたちが正真正銘の最後の戦いに挑む最終章『アベンジャーズ/エンドゲーム』が楽しみですね!

今回は「アベンジャーズは流行っているけど観たことがない!」「作品数が多すぎて何から観ていいかわからない!」という人のために、「アベンジャーズ」シリーズの魅了や、『アベンジャーズ/エンドゲーム』につながる作品、観る順番、ネタバレ、伏線などを紹介していきます。

自分自身の備忘録もかねて書いていきますので、最新情報があったら追記していきます!

この記事の内容

「アベンジャーズ」ってどんな意味?

Avenge/アベンジ(正義感によって悪に報復すること)を目的に、地球規模の驚異に対抗するため組織されたチームが「アベンジャーズ」です。

メンバーは天才科学者や北欧神話の神、人工的に誕生したスーパーソルジャーなど様々なメンバーがいます。

「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」って?

「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」とは、マーベルコミックスを原作とする実写映像化作品の総称で、略して「MCU」と表現されます。シリーズを通して世界観を共有していて、歴史や人物の設定が共通しているのが特徴です。

マーベルスタジオで制作された最初の映画『アイアンマン』から3月公開の『キャプテン・マーベル』、さらにテレビドラマの『エージェント・オブ・シールド』や『エージェント・カーター』など一連のすべての作品郡を総称して「MCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)」と呼びます。

現在21作品公開されているので観る順番に迷うと思いますが、観る順番は後段で紹介します。

「アベンジャーズ」は誰が結成した?

国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)の長官・ニック・フューリーが結成しました。

地球内外にありとあらゆる驚異が存在することを知ったニック・フューリーが、その対抗策として特別なチカラや才能を持った超人を集め結成しました。

『キャプテン・マーベル』で若き日のニック・フューリーがS.H.I.E.L.D.(シールド)誕生のきっかけとなる事件が描かれます。

「アベンジャーズ」の中心メンバーは?

トニー・スターク/アイアンマン(ロバートダウニーJr)

億万長者の天才科学者

軍需企業のCEO。最新のテクノロジーを詰め込んだパワードスーツで戦う。

スティーブ・ロジャース/キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)

正義感あふれる超人兵士

軍のスーパーソルジャー計画で誕生した超人兵士。強力な盾を使って戦う。

ソー(クリス・ヘイムズワース)

稲妻を操る雷神

ブルース・バナー/ハルク(マーク・ラファロ)

心優しき緑の怪物

スティーブン・ストレンジ/ドクター・ストレンジ(ベネディクト・カンバーバッチ)

魔術を使う天才外科医

ピーター・パーカー/スパイダーマン(トム・ホランド)

クモの能力を持つ高校生

トニーがスカウトした高校生ヒーロー。普段はニューヨークの平和を守っている。

ヴィジョン(ポール・ベタニー)

高い知能の人造人間

ナターシャ・ロマノフ/ブラック・ウィドウ(スカーレット・ヨハンソン)

美しきスパイ

クリント・バートン/ホークアイ(ジェレミー・レナー)

百発百中の射手

ティ・チャラ/ブラックパンサー(チャッドウィック・ボーズマン)

漆黒のスーツで戦う国王

スコット・ラング/アントマン(ポール・ラッド)

収縮自在の父親ヒーロー

ジェームズ”ローディ”・ローズ/ウォーマシン(ドン・チャードル)

頑強なアーマー戦士

ワンダ・マキシモフ/スカーレット・ウィッチ(エリザベス・オルセン)

テレキネシスを使う美女

サム・ウィルソン/ファルコン(アンソニー・マッキー)

人工翼で空を舞う元軍人

キャロル・ダンバース/キャプテン・マーベル(ブリー・ラーソン)

マベール作品史上最強とされるヒーロー

失った記憶を取り戻す戦いを繰り広げるなか、ヒーローとして覚醒していく。

ラスボス・サノスの目的は?

サノスとは?

屈強な体と明快な頭脳を持つタイタン人。

かつて故郷の惑星・タイタンが食糧危機に苦しんだとき、住民の半数を抹消することで解消した最凶最悪のヴィラン。

そのポテンシャルに加え、驚異的なパーワーが秘められた「インフィニティ・ストーン」を使いこなすことで、時空や空間をも操ることができる。

サノスの目的

全世界の生命を半分に減らし、宇宙の均衡を保つことがサノスの目的。そこで、すべて集めると並外れたチカラを手にすることができるという6つの「インフィニティ・ストーン」をそろえた。

「アベンジャーズ」観る順番

観る順番ですが、基本的には公開された順番どおりに観ていけば大丈夫です。

マーベル・シネマティック・ユニバース(MCU)には「PHASE(フェーズ)」という物語が展開するまとまりがありますのでPHASE(フェーズ)ごとに観る順番を紹介していきます。

PHASE.1

『アイアンマン』

零細企業のCEOであるトニー・スタークは新兵器開発のために訪れた中東でテロ組織に捕まってしまう。トニーはガラクタからハイテク・アーマを造りだし、アイアンマンとなる。

『インクレディブル・ハルク』

天才科学者のブルース・バナーは、ガンマ線を照射することで人体を強化する実験に自ら試みた。だが実験は失敗し、心拍数が上昇すると緑の怪物ハルクに変身するように。

『アイアンマン2』

パワードスーツを着用したヒーロー・アイアンマンであることを公言したトニー・スターク。アイアンマンとして世界の平和を守る活動をしていたが、政府はパワードスーツを兵器とみなし引き渡しを要求。そんな中、アイアンマンと同じ動力源をもつ刺客が現れる。

『マイティ・ソー』

魔法の力を持つ特別なハンマーを操ることができるソーは、神の国・アスガルドで圧倒的なパワーを持っていた。しかし、傲慢な性格が父オーディンの怒りに触れ、神々の国アスガルドを追放されてしまう。ソーの義理の弟にして野心家のロキは、兄ソーを抹殺するべく地球に強力な刺客を送り込む。

『キャプテン・アメリカ/ザ・ファースト・アベンジャー』

愛国心にあふれるも虚弱体質ゆえ軍に貢献できないスティーブ・ロジャースは、軍が行うスーパーソルジャー計画に自ら志願する。キャプテン・アメリカとなり、悪の組織ヒドラとの戦いに挑む。

『アベンジャーズ』

強大なパワーを持つ四次元キューブねらい地球に現れたソーの義理の弟ロキ。彼の野望を阻止すべくこの危機に対しS.H.I.E.L.D.(シールド)の長官ニック・フューリーは最強のヒーローチーム・アベンジャーズを結成する。アイアンマン、キャプテン・アメリカらを招集するが彼らの思惑バラバラで…。

PHASE.2

『アイアンマン3』

アベンジャーズでのニューヨーク決戦以降、不安に駆られ大量のアーマー開発に没頭するトニー・スターク。そんな彼が国際的なテロ組織を率いる正体不明の男、マンダリンと対峙する。

『マイティ・ソー/ダーク・ワールド』

インフィニティ・ストーンの一つ「エーテル」を使って世界を闇に包もうとする古代種族・ダークエルフの王マレキス。マレキスの野望を阻止しようとソーが立ち上がる。

『キャプテン・アメリカ/ウインター・ソルジャー』

アベンジャーズの一員であるキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、これまで共に戦ってきた仲間である国際平和維持組織S.H.I.E.L.D.(シールド)から追われる身となった。仲間とともに陰謀の真相に迫るなか、彼らの前に最強の暗殺者ウィンター・ソルジャーが立ちはだかる。

『ガーディアン・オブ・ギャラクシー』

トレジャーハンターのピーター・クイルはある日、強大な力を持つ石“オーブ”を入手する。“オーブ”を狙う敵と戦うなかで暗殺者のガモーラやアライグマのロケットらと出会い、チームを結成する。

『アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン』

ロキが持っていた杖のなかに、人工知能が収められているのを発見したトニー・スターク。それを基に、人類の平和を守るのを目的にした人工知能ウルトロンを創造する。しかしウルトロンが暴走し、人類滅亡をもくろむ邪悪な人工知能ウルトロンが誕生してしまう。新たな仲間を加えたアベンジャーズが立ち向かう。

『アントマン』

発明家のビム博士から体のサイズを変化させられるスーツを受け継ぎ、アントマンとなった元泥棒のスコット・ラング。ラングはピム博士の技術を悪用しようとする敵と戦う。

PHASE.3

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

世界の危機を救ってきたアベンジャーズだったが、その活躍にともなう被害も拡大していた。ヒーロー活動を政府が管轄する“ソコヴィア協定”が締結され、トニーとスティーブがこの協定の是非をめぐり衝突する。やがてチーム全体を巻き込んだ内部抗争に発展していく。

『ドクター・ストレンジ』

神の手を持つ天才外科医、ドクター・ストレンジは、突然の交通事故によって両手を損傷してしまう。奇跡の治療法を求め向かったカトマンズで魔術の存在を知ったドクター・ストレンジはそれを体得するため修行に挑む。

『ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス』

ピーター・クイルの前に実の父親を名乗る男エゴが現れる。だが、エゴが隠していた恐ろしい秘密を知ったピーター・クイルは仲間とともに再び宇宙の命運がかかった戦いに挑む。

『スパイダーマン:ホームカミング』

憧れのトニー・スタークの呼びかけに答え、シビル・ウォーでも活躍したスパイダーマンことピーター・パーカー。ニューヨークの街に戻ったピーターは、トニーに恨みを持つ空飛ぶ敵バルチャーと対峙する。

『マイティー・ソーバトルロワイヤル』

ソーの前に死の女神ヘラが現れる。ヘラに無敵のハンマー“ムジョルニア”を破壊され、宇宙の果にある惑星サカールに飛ばされたソーは、そこで戦友のハルクと再開する。

『ブラックパンサー』

アフリカの秘境にありながら、他国を凌駕するテクノロジーを隠し持つ超文明国・ワカンダ。亡くなった父の王位を継承すべく、ワカンダへと戻ったブラックパンサーことティ・チャラ。だがそんな彼の前に、王位を剥奪を企む謎の男キルモンガーが現れる。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

6つ全てを手に入れると、一瞬で全宇宙の生命の半分を滅ぼす力を得る“インフィニティ・ストーン”。そしてその究極の石を狙うラスボス・サノス。ドクター・ストレンジやヴィジョンが持つストーンをねらって、サノスの部下たちが地球へ襲来する。

『アントマン&ワスプ』

アントマンとして活躍するも、ある事件のせいでFBIの監視下に置かれ、軟禁状態となったスコット。約30年前に量子世界に姿を消したピム博士の妻ジャネットを救うべく、ピム博士と娘のホープがスコットに協力を依頼する。だが、物体を通り抜ける謎の美女が現れ、計画を妨害する。

『キャプテン・マーベル』

記憶を失ったヒーロー、キャプテン・マーベル。
彼女の過去に隠された “秘密”が、恐るべき戦いの引き金となってしまう。
自在に姿を変える正体不明の敵に狙われ、孤独や不安に打ちのめされても、
彼女は不屈の精神で何度も立ち上がる。
果たして彼女は記憶を取り戻し、この戦いを終わらせることができるのか?
そして、最後につかむ“衝撃の真実”とは…?
禁断の記憶の謎を追う、サスペンスフル・アクションが幕を開ける!

『アベンジャーズ/エンドゲーム』

最強を超える敵“サノス”によって、アベンジャーズのメンバーを含む全宇宙の生命は、半分に消し去られてしまった…。
大切な家族や友人を目の前で失い、絶望とともに地球にとり残された35億の人々の中には、この悲劇を乗り越えて前に進もうとする者もいた。
だが、“彼ら”は決して諦めなかった──
地球での壮絶な戦いから生き残った、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイ、そして宇宙を当てもなく彷徨いながら、新たなスーツを開発し続けるアイアンマン。
ヒーローたちは、大逆転へのわずかな希望を信じて再び集結する。はたして失った者たちを取り戻す方法はあるのか?
35億人の未来のために、そして“今はここにいない”仲間たちのために、最後にして史上最大の逆襲<アベンジ>に挑む。
最強チーム“アベンジャーズ”の名にかけて──。

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観る前に抑えておきたい3作

『アベンジャーズ/エンドゲーム』を観る前に抑えておきたい3作品を紹介します。

『シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ』

『シビル・ウォー』は「アベンジャーズ」の冠がつかないキャプテン・アメリカの作品ですが、アベンジャーズのメンバーが勢揃いします。インフィニティ・ウォーに続く重要な話で、キャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースと、アイアンマンことトニー・スタークが仲違いをしてしまいます。

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』

サノスが“インフィニティ・ストーン”をそろえるため、アベンジャーズと対峙。アベンジャーズは総力戦を繰り広げましたが、サノスが“インフィニティ・ストーン”をそろえることを阻止できず、約半数のメンバーが消されてしまいます。

『キャプテン・マーベル』

『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の最後、ニック・フューリーが彼女に救難信号を送ったことから『アベンジャーズ/エンドゲーム』ではキャプテン・マーベルが活躍するのではないかと期待が高まっています。